アフターピルを購入して常備しておくことは、性被害や性行為中のトラブルが発生した時に妊娠を避けることができます。アフターピルは通販サイトで簡単に購入することができますが、通販サイトは注意して使用しないといけません。悪質な業者を利用してしまうと偽物を掴まされたり詐欺にあう可能性もあるので、信頼できる通販サイトを探しましょう。

ニコニコする女性
  • ホーム
  • 低用量ピルを服用するならトリキュラーが人気です

低用量ピルを服用するならトリキュラーが人気です

カメラをもつ女

トリキュラーは女性が服用することで、月経をコントロールし、妊娠を防ぐことのできる低用量ピルです。
主成分の卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールと、黄体ホルモンであるレボノルゲストレルによりカラダを妊娠時と同じようなホルモン状態にします。
その結果排卵をしなくなり、子宮を休ませ、子宮系の病気の治療や月経前症候群の緩和に効果を発揮します。

トリキュラーは三相性といわれる成分の配合量が異なる三種類の薬で構成されています。
従来のピルは主にアメリカで製造されており、小柄な日本人が飲むと成分量が多く不正出血などの副作用が強くあらわれることがありました。
しかしトリキュラーは成分を少量に抑えているので、副作用が起きにくいという特徴があります。

しかし、人によっては副作用が起きることもあります。これは体を妊娠中と同じ状態にするためです。
むくみや吐き気、頭痛などがあらわれることがありますが、2、3シート目には体が慣れ、副作用を感じなくなることが多いです。

トリキュラーは数字の記載されたシートに封入された小さな錠剤で、21錠のものと28錠入ったものがあります。
21錠シートのものは数字通りに飲みきったら七日間の休薬期間があります。この七日間の間に消退出血が見られます。
これは月経量より少なく、外部からホルモンを摂取しなくなることが原因です。
28錠シートのものは七錠の偽薬が飲み忘れ防止のために入っており、全部飲み終わるとすぐに次のシートの薬を飲み始めて構いません。
七錠の偽薬を飲んでいる期間に消退出血が見られます。この二つのシートに違いはありません。

用法用量を守って飲み続ければ、ほぼ100%に近い避妊効果を得られます。
しかし、飲み忘れや、数字にズレが生じると十分な効果が得られない場合があります。
また、体内のプロゲステロンの濃度を一定にするため、毎日可能な限り同じ時間に服用するようにしましょう。

ピルはたくさんの種類がありますが、副作用によって生活に支障が出てしまう場合も少なくありません。
そのため、副作用が少なく、効果が高いトリキュラーは人気の低用量ピルです。

ピルは月経量も抑えられる

低用量ピルの中でも特に日本国内でスタンダードな選択肢として医師から処方されることが多いトリキュラーは、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが主成分なのが特徴です。
ホルモンバランスを一定に保つことが出来るため排卵を抑制し、生理が起こらないのが特徴ですが薬を休んでいる期間に生理のような出血があります。
これは生理と呼ばれることもありますが厳密な意味では違いがあります。

トリキュラーを飲んでいると、この月経量を大幅に減らすことができるため、月経量が多く毎月辛い症状が出る人の間でも人気のピルです。
トリキュラーを服用すると正しく利用している場合ほぼ100%に近い避妊効果を得ることが出来ますし、その上に月経の時に感じる様々な症状も軽減することができます。
月経の量が多いと様々な不快な症状を感じることがありますが、トリキュラーを飲んでいるとこうした症状を感じないのがメリットです。
一般的に、トリキュラーは避妊を目的として服用されることが多いピルですが、副効用として月経量を減らすことが出来ますし、その他にも多くの副効用が期待できるのは低用量ピルの特徴です。

女性はホルモンの変動により様々な症状に悩まされるケースがありますが、トリキュラーを服用していると月経量の軽減をはじめ不快な症状を楽にしてくれるメリットが期待できます。
特にトリキュラーは婦人科でも長い実績のある低用量ピルです。
婦人科でも第一選択肢として処方される最もポピュラーな避妊薬ですし、避妊効果だけでなく月経の軽減効果もありますので、ホルモンバランスの調整にも役立ちます。
出血は薬を休んでいる期間に起こりますが、通常の生理ほどの量は出ないのが特徴です。