アフターピルを購入して常備しておくことは、性被害や性行為中のトラブルが発生した時に妊娠を避けることができます。アフターピルは通販サイトで簡単に購入することができますが、通販サイトは注意して使用しないといけません。悪質な業者を利用してしまうと偽物を掴まされたり詐欺にあう可能性もあるので、信頼できる通販サイトを探しましょう。

ニコニコする女性
  • ホーム
  • アフターピルを通販する上での注意点

アフターピルを通販する上での注意点

運転する女性

現在もっとも手軽な避妊方法はコンドームを使用することです。
しかしコンドームは破れることもあり、使用したからと言っても確実は避妊方法ではありません。
避妊に失敗して妊娠の可能性がある場合、アフターピルを使用することで避妊できる確率が高まります。
そのタイミングは早ければ早いほど避妊成功率が上がります。
したがって、性行為を行うのならばこのことを知っておいたほうがいいでしょう。
しかし、実際にそのときになると慌ててしまう方もいらっしゃるでしょう。

日本では、アフターピルは病院の処方箋がないと手に入れることが難しいものです。
ですが、病院へ行く勇気がないという方も多いと考えられます。そのまま時間が経過してしまい、妊娠してしまうケースも少なくないのです。
ならば、事前にピルを用意しておくのはどうでしょうか。
これならば、避妊に失敗したとしても慌てることがなくピルを服用すれば良いのです。

インターネット通販では、アフターピルを取り扱っている個人輸入業者があります。
ここで注意をしておきたいことは、悪徳業者から購入しないことです。
悪徳業者は偽物のアフターピルを扱っていることもあり、効果が全くないものも多いのです。
したがって、事前に色々と調べる必要があります。

まず、そして価格が安すぎる製品は要注意です。
同じものを購入するのならば少しでも安くしたいと思うのが人間です。
しかし、なかにはその心理を利用して安い料金で偽物を売りつける業者もあるのです。

また、その業者のホームページをよく読み、気になることがあれば問い合わせてみましょう。
悪徳業者はサポート体制がしっかりしていないところも多いので、もし不安を感じたらその業者は避けましょう。
大手の個人輸入業者ならばレビューや口コミも多く、安心感があります。
数多くの薬の取扱実績もあるので、面倒な手続きなどもスムーズに行ってくれます。

不安に思うのならば、大手の業者から購入することをおすすめします。
またアフターピルを処方箋なしで手に入れるということは、自己責任での取扱いになります。
納得できる業者選びを行いましょう。

ピルとコンドームの避妊成功率について

コンドームをしていても妊娠する可能性はあります。
完全に避妊が可能となるわけではありません。コンドームの避妊成功率はおよそ85%程度と考えられています。
コンドームは性感染症を防ぐことに有効である一方で、使用方法が正しくなかったり、破損してしまうなどのデメリットがあるため注意が必要です。

コンドームよりもピルを服用した方が避妊成功率は高くなります。
女性主導で避妊ができ性行為時にはすでに避妊の準備ができているというメリットがあります。
ピルの中でも低用量ピルの場合、正しく服用すればおよそ99%の避妊成功率があると考えられています。
飲み忘れや嘔吐などによって十分にピルの成分が体に吸収されていない場合妊娠してしまう可能性があるため注意が必要です。

さらに、ピルの中でもアフターピルは性行為後にコンドームが破れてしまった場合などに服用します。
あくまでも緊急用の薬であることを十分に認識しておくことが大切です。常用するものではありません。

アフターピルは避妊に失敗したことに気づいてから72時間以内に服用しなければ避妊効果が著しく低下してしまいます。
避妊に失敗してからできるだけ早く服用することが大切です。
24時間以内にアフターピルを服用すれば避妊成功率は95%程度と考えられます。
72時間以内に服用すればおよそ85%程度の確率で避妊に成功すると考えられています。

ピルやアフターピルは通販でも購入できますが、通販で購入する場合にはいくつか注意する必要があります。
通販では基本的に個人輸入となります。
個人輸入業者から購入することになるため、悪徳な業者がピルやアフターピルを販売している場合があります。
そのため、通販で購入する場合は偽物や効果がないものを販売されたとしても自己責任で対応しなければなりません。
自分の健康に関わることなのでよく考えて通販を行うことが大切です。