アフターピルを購入して常備しておくことは、性被害や性行為中のトラブルが発生した時に妊娠を避けることができます。アフターピルは通販サイトで簡単に購入することができますが、通販サイトは注意して使用しないといけません。悪質な業者を利用してしまうと偽物を掴まされたり詐欺にあう可能性もあるので、信頼できる通販サイトを探しましょう。

ニコニコする女性
  • ホーム
  • アフターピルを事前に通販で購入しておこう

アフターピルを事前に通販で購入しておこう

話している女性たち

パートナーとの性行為はとても愛を感じる行為です。しかし、子どもを望んでいない者同士ならば、避妊を行う必要があります。
現在もっとも手軽な避妊方法は、男性が避妊具を着けることです。
ですが避妊具が途中で破れてしまったり着けるタイミングがずれると避妊失敗へとつながってしまうのです。
そこでもし失敗した場合はアフターピルというものがあります。

アフターピルには人工的に生理を起こさせる作用があり、これにより妊娠しないのです。
性行為後に服用するもので、早ければ早いほど避妊できる確率が上がります。しかし現在の日本は医師の処方箋でしか入手できません。
そのため、例えば夜に性行為をして避妊が失敗した場合、アフターピルを入手できるのは翌朝になってしまいます。

なかには病院へ行くのに二の足を踏んでしまい、そのまま妊娠してしまう可能性もあるのです。
それならば、アフターピルを事前購入して、いざという時に備えておいたほうが良いのかもしれません。
アフターピルがあれば避妊失敗のお守りとしてとても安心できます。その結果、性行為中の不安感もなくしてくれます。
ですが、アフターピルには不正出血などの副作用もあり、身体に負担もかかるものです。
吐き気や頭痛を感じることもあり、薬を吐いてしまったらまた服用しなくてはなりません。

したがって、あくまでも緊急避妊をしたい時のみに使用し、普段は避妊具を装着しましょう。
アフターピルを医療機関以外から入手できる方法は、インターネット通販からの購入です。
アフターピルは外国製のものがほとんどなので、基本的には個人輸入代行業者を通して購入することとなります。

ここでのポイントは、なるべく大手サイトから購入することです。
なかには、偽物の商品を安い価格で提供している業者もあるのです。したがって、まずはどこの業者にするかを考える必要があります。
アフターピルは身体への影響があるものなので、安心できる業者から購入することをおすすめいたします。

アフターピル服用後に出る副作用

アフターピルは、高濃度のホルモン物質を摂取することで強制的に生理を引き起こし、緊急避妊するというものです。
効果が非常に強い分、身体に負担がかかるので服用後に比較的副作用が強く出てしまいます。
最近はネット通販でアフターピルを購入できるようになり、お守り代わりに事前購入している人も多いですが、安心して使用するためにも副作用を理解しておくことが大切です。

服用後に見られる副作用で最も多いのは、吐き気や頭痛、全身の倦怠感などです。
この他、アフターピルの作用によって一時的に身体が妊娠した状況に近づくため、妊娠初期症状のような火照りや眠気などを感じる人もいます。
強制的に体内のホルモンバランスを変化させるため、不正出血が続いてしまうこともあるでしょう。
いずれの副作用も、アフターピルの効果が終われば次第に落ち着いていくので大きな心配は不要です。

症状が現れたとしても、それによって不妊になったり後遺症が残るようなこともありません。
あくまでも一時的な症状に留まるので、副作用を心配してアフターピルの使用を控えるようなことは止めましょう。

副作用の中でも特に注意が必要なのが、強い吐き気を感じた場合です。
吐き気に負けて実際に嘔吐してしまうと、アフターピルの成分がそのまま排出されてしまいます。

一般的に薬の成分が胃で溶けて吸収されるまでには約2時間ほどかかるのですが、アフターピルも例外ではありません。
2時間以内に嘔吐してしまうと、成分がしっかり吸収されていないため緊急避妊に失敗してしまう可能性が高いです。
嘔吐を避けるために、アフターピルを服用した後はゆっくり休める環境にしておいたり、食事を控えるなどの配慮が必要です。
万が一嘔吐した場合はすぐ医師などに相談し、新たなアフターピルを手配しなければなりません。